ガイド

ベトナムブロケード - ベトナム手芸のエッセンス

ベトナムブロケード

デジタルカメラなどの他のような繊維産業の繊維デジタル印刷への大きな動きを目撃し、過去数十年にわたって, CDの, DVDなど. デジタル技術の進歩 – さんは「実際の」デジタルカメラを言わせて - 写真の「真の」芸術のための渇き誰かのためとしてまだアマチュア写真家のために簡単に写真を撮影してきました, 「古い」の動画カメラは、かけがえのありません.

デジタル印刷された繊維製品とは異なり、, 手 - 作られた生地は、まだ美しいユニークです. 音楽愛好家はまだドルの少なくとも数百人の価値クラシック音楽レコードと恋に落ちています. 手の国際展示会 - 9月にフランスでフェラン - ユネスコが主催作られたテキスタイルはクレルモンで開催される予定です, 2012 伝統や宗教的遺物を促進し、維持する動機と.

ベトナムの錦織の生地は、展示会で展示さもあります. ベトナムの有名なデザイナーミン・ハン北部の少数民族によって作られたベトナムの錦織の生地の美しさの利点を取ります – 西ベトナムと中央高地. 実際には, ほとんどのベトナムの繊維製品は、H'Mongの地元の人々によって製作されています, 主に熟練と細心の職人, ハザン省と中央高地のバクハ省などで. ミンハン - フランスの展示会で、すべての国籍の以上千客を魅了インスピレーションを得たファッションコレクション - ファッションの帝国.

ベトナムの錦織の生地は、彼らの繊維材料や設計に応じて異なります. 昔と現在の日中, 手 - ブロケードの製品は密接にほとんどのベトナムの少数民族の習慣や風習に関連付けられて作られました, 例えば, 錦織の生地は必需品としての役割を果たす, でも、商品や結婚の部分として使用. 人手によって駆動テキスタイルエンジニアリングは、ユニークな、まだ素晴らしい色やパターンで美しい錦の織物をもたらします.

ブロケード織物の製造

繊維材料は、ほとんど一緒にantiar肌と綿の生の繊維であり、. 古い - 昔ながらの木製織機は錦になめらかな白い綿繊維を変換します. 色の美しい錦は本当素晴らしい作品です.

瀕死の色

+ 黒色: 藍の葉の混合物や暗いの特殊なタイプ - 浸し青い葉と新鮮な泥.
+ ダークレッドやブラウン色: 暗赤色や茶色の色素は、木の樹皮の異なるタイプを混在します.
+ 青色: 石灰水と混合泉に住んでカタツムリの殻焼き, Krumまたは藍の葉.
+ 赤色: 世紀の樹皮 - 古いクルンの木
+ 赤 – ブラウンカラー : 樹皮のゆで混合, 酢とミョウバン. 織物繊維は、およその高い温度で染色されます 80 度.
+ 黄: ウコン生地の染料.

最後のステップは、染色された織物繊維を磨くことです, きれいにし、それらを乾かします.

ローカル錦織の生地を強くベトナムの少数民族の伝統的な慣習に取り付けられています。, それぞれが独自の手を持っている - 錦の織物を作りました.

+ モン族: 十字形で刺繍H'Mong錦の織物, 菱形や三角形パターン .
+ ダオ: ダオブロケード織物のほとんどは、光の中で染め – 赤色. ダークで刺繍ダオの明るい色の錦の織物 - 青のパターンが美しく、エレガントに見えます.
+ 手: テイの錦の織物は平滑白地に菱形暗色パターンのその配置に独特です.
+ とき: 農の人々は通常、カラフルなドレスを着ます, 特に, 袖とシャツの尾の色は、その本体とは異なります.
+ クメール語: 北に死んテキスタイルをリンク解除 - 西ベトナム, クメールテキスタイル工学は直接生地に織り込まされるテクスチャパターンを可能にします.
+ チャム: 幾何学模様で飾られた暗いまたは赤色の錦の織物.
+ H're: H'reブロケードブラックと赤色に染色繊維と美しいパターンが自然の色との幾何学的形状で塗装意味のある画像を示しています.
+ 私に: バナの錦の主な色は黒です, 赤と白.
+ ロロ: ロロの錦織の生地の色がほとんど明るい色です. それらは、より大きな布地の上に成形布を縫製することによって製造されます, パッチワークの正方形または基布.
+ Cotu: Cotuの錦織のテキスタイルのパターンは、シンプルで美しいです. それはデザインによって異なります, 大半, 多形、色とユニークなビネットと.

ベトナムの錦織の手工芸品は、意味のあるプレゼントやお土産としての役割を果たす. ファッションデザイナーは、伝統的な錦織のテキスタイルパターンで自分の作品を鼓舞します, その利点のほかにも、グラフィックデザインや家の装飾に見られます. ベトナム錦の織物は、精神的、文化遺産、特にベトナムのファッションの値と全体としての織物の世界の芸術を引き出し.

シェア

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントはありません

返信を残します